ペンは剣よりも強く

日常と世相の記

安倍内閣

映画「新聞記者」を見て

今日は短く。 2年前に公開された映画「新聞記者」を見た。モリカケや山口敬之の逮捕状もみ消しなど、アベ政権時代の「現実」が幾つも重なり、虚実ないまぜになっているが、率直に言ってよくつくったなと思う。主演の松坂桃李さんとシム・ウンギョンさんの二…

法人Dappiの解明を!

千葉県選出の参議院議員・小西洋之さんの9月6日のTweetを見た人のあいだに「どよめき」が広がっている。小西ひろゆき (参議院議員) on Twitter: "【お知らせ】TwitterアカウントDappi(@dappi2019)の名誉毀損のツイートについて、東京地方裁判所の発信者…

「I am KENJI」「I am not ABE」

昨日1月30日は、今から6年前の2015年にフリージャーナリストの後藤健二さんがIS(イスラム国)によって命を奪われたとされる日。古賀茂明さんが1月26日付AERAの連載で記事を書いている。 古賀茂明「菅政権で忘れられた英雄たち」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA d…

「見たいものだけ見る政治」 宮台真司氏談

塩野七生さんは『ローマ人の物語』(全15冊)の2分冊にカエサルを充て、その「思い入れ」を存分に書いていた。カエサルの“名言”として、塩野さんは「人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。 多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない…

「恩師」の苦言 加藤節さんの話

アベを大学時代に教えた加藤節さんがインタビューでアベ政権の8年を振り返っている。アベは加藤さんが担当する科目「政治学史」を履修したということだが、加藤さんは「「『優』や『不可』をつけた記憶がないから目立たない学生だったのだろう」と言ってい…

アベ政権のレガシーと憲法

弁護士の澤藤統一郎さんが毎日新聞の「鼎談」を引用して、アベ政権のレガシーについて興味深い指摘をされていた。 一般に?アベノマスクが唯一のレガシーなどと揶揄されるアベ政治だが、政治学者の田中信一郎氏の言う「改憲できなかったという『成果』」を評…

白井聡さんの「総括」3

まず、白井さんに一言。一時の感情とはいえ、先日のTweetの件は猛省を望む。それで白井さんの書いた良質の文章が信を失うとしたら残念でならない。アベ政治やアベ的なものを無批判に受け入れることにためらいを感じる人が白井さんの文章から目を背けるのは、…

白井聡さんの「総括」 1

白井聡さんがTwitterで、「これから何回かにわたって、安倍政権の総括を書きます。」と書いているのを“発見”したので“見に行ってきた”。【1】安倍政権の7年余りとは、日本史上の汚点である 私たちの再出発は、公正と正義の理念の復活なくしてあり得ない (『…

ラスボスの失墜

宮武嶺さんが8月30日付のブログ記事で「リベラル・左派の市民の多くが、安倍晋三氏がいかに強大な敵だったかまだわかっていない。血筋・お友達・財力・ネット戦略・マスコミ操作。彼こそが右翼政界のラスボスだった。それに勝ったのだ。」と述べている。右派…

内田樹さんの「安倍政権時代の総括」

“フライング”が物議をかもしたが、昨日28日に「予定」どおりアベが辞任発表して「事なきを得た」(笑)内田樹さん。「内田樹研究室」にupされた「安倍政権の7年8カ月」を読んだ。 アベの個人的資質はさておき、“アベ”が象徴する時代の日本が他国からどう見…

アベ政権の8年 御厨貴さん談

御厨貴さんが第二次アベ政権の8年を振り返っている。 朝日新聞デジタルの8月24日付の対談記事から引用する。(聞き手・小野太郎氏)「安倍政権のレガシーは政策よりも…」御厨貴さんの洞察:朝日新聞デジタル――なぜ安倍首相はここまで政権を維持することがで…

Xデーを前に アベ政権の8年

第二次アベ政権の発足を前に、知り合いの弁護士から、NHKの記者の間で「それはないだろう(勘弁してくれ)。右派との結びつきが強すぎる。外(外国)からも不審の目で見られる」と言っていたと聞いた。また聞きなので正確ではないが、当時でも「準国営」…

「安倍氏にいつまで首相を続けてもらいたいか」

社会調査研究センターと毎日新聞が7月18日に全国世論調査を実施した。携帯ショートメールをつかった調査で、回答者は735人。「安倍晋三首相にいつまで首相を続けてもらいたいですか」と尋ね、自由に意見を書いてもらったところ、何らかの意見を書き込んだ556…

「官邸巣ごもり」の効果

アベノスゴモリ? などという語はないが、6月17日に国会を閉じ、翌18日の記者会見をしてから、ぶらさがり談話のみで、国会の閉会中審査にも出席せず、ほぼ身を潜めた格好の首相だが、その間にも、コロナ感染の「第二波」、医療逼迫、GoToトラベルの二転…

「諸悪の根源」

井戸・兵庫県知事が7月9日の県の新型コロナウイルス対策本部会議の冒頭あいさつで、東京都を「諸悪の根源」と呼んだ。さすがに口を滑らせたと思ったか、「『諸悪』は取り消す。感染源は東京が多い」と直後に訂正、会議後には「東京に抑え込んでいただかない…

解散総選挙 神のみぞ知る?

日刊ゲンダイ デジタル6月24日付の記事。 琉球新報などが沖縄県民を対象に実施した世論調査(6月13~14日実施)で、内閣支持率18・73%、不支持率66・33%。信濃毎日新聞によると、長野県内の世論調査(5月30~31日実施)の内閣支持率は1…

頭の片隅にもない総選挙

「頭の片隅にもない」とは、総選挙のことを聞かれたときのアベ氏の常套句としてお馴染みだが、ウソつきの言う嘘は本当か、と裏のウラのそのまたウラ……などと考えるとばかばかしくなる。まあ、踏み切るかどうかはともかく、頭のどこかに選択肢の一つとして「9…

「#検察庁法改正案に抗議します」

昨夜NHKニュースを見ていたら、ツイッターで検察庁法改正に抗議する著名人の投稿が相次いでいると言っていた。ほんの申し訳程度の内容と長さだったが、NHKでさえニュースで伝えるようになったのかと驚いた。「#検察庁法改正案に抗議します」というハ…

アベノヒストリー 「戦勝記念日」のお祝い

安倍晋三氏がロシアのプーチン大統領に妙な電話をしたと話題になっている。5月8日、朝6:22頃、BS-1のNHKワールドニュースで、ロシアの報道として「安倍総理は第二次世界大戦の戦勝記念日のお祝いを述べました」と短く伝えたとのこと。一例として「じいさん…

誤読と忘却

安倍晋三氏の「誤読」事例は枚挙にいとまがない、というのはちょっと大げさだが、政権自体が長いこともあり、事例を拾い上げるとボロボロ出てくる。「云々(でんでん)」や「願って已(い)ません」はすっかり有名になってしまったが、「のら猫寛兵衛」さん…

こんなときに検察庁法!

「検察庁法改正案」!? こういう状況にあっても、なお「ご都合主義」でこういう代物を通そうとする。以前(少なくとも安倍内閣以前)だったら、世論を意識して「諦めた」はずだが、これは切羽詰まって狂ったとしか思えない。末期的だ(…と思っていても8年…

3年前、安倍くんの同級生は…

安倍首相と成蹊小学校時代の同級生だったという医師の発言を動画にしたもの(といっても静止画面で字幕だけ動くもの 3年前)がある。実をいうと、いつだったかは覚えていないが、前に一度見ていたもので、なぜか今日思い出して改めて眺めてみた。一部引用さ…

もし、この国の国民でなかったら……

安倍さん、あんたもう替われよ。人が生死の崖っぷちにいるのに、あの記者会見はないだろう。「緊急事態」を解除できないのはわかったよ。でも、「延長します」って言ってるだけじゃ、生きていけない人がいっぱいいるんだよ。もう、1カ月我慢しろって、一日…

とりは神保さんの質問

昨晩(5月4日)安倍首相が記者会見をした。「延長」以外で何か新しいことを言うのかと眺めていたが、相変わらずのカンペ読みで、給付金の支給を早ければ8月と口走ったときには、「えっ!」と思った。さすがに質問時間の冒頭に(5月)8日のまちがいだと訂…

「私物化」された顛末

『国体論 菊と星条旗』などの著書で「日本の戦後体制」について発言してきた白井聡さんのある発信を知った。発信自体は2月末、新型コロナ対策に安倍首相が「学校休校」を言い出した頃のことであるが、それから2カ月が経過し、ますます説得力というか、“現…

日本のトップReader

そこらじゅうで「騒ぎ」になっているが、騒いでいる方が悪いんじゃない。 ヤフーニュースが昨日4月30日付で配信した「女性自身」の記事を引用させていただく。headlines.yahoo.co.jp 「メルケルを マスク代で 雇いたい」 「アーダーンの 爪の垢でも 飲ませた…

「一律10万円」について

MAG2ニュースで新 恭(あらた きょう)さんの『国家権力&メディア一刀両断』という連載記事を読んでいる。だいたい週1くらいで更新されていて、最新記事(4月24日付)では、当初「減収世帯へ30万円給付」だった政府方針が「1人一律10万円給付」へ…

“赤点”リーダーとその国

『アエラ』の最新号に、コロナ禍に向き合う各国のリーダーたちの“通信簿”なるものがあることを知った。まだ終息が見えない中で、こういうのはいかがなものかという気がするし、そもそも「結論」が見え見えである。それに、各国のリーダーを採点しているよう…

もはやあてにされない政府

コロナ対策にどたばたと迷走する国(政府)に見切りをつけたように、めいめい独自な動きをする地方自治体が増えている。群馬県の山本一太知事はソフトバンク孫正義社長に直接マスクやシールドなどの購入を申し出、孫社長は「無利益」で納入すると返答した。…

続 前川喜平さんに聞く

デモクラシータイムスで先回の「前川喜平さんにきく」の後編:「緊急事態宣言下の学校と政治― 山岡淳一郎のニッポンの崖っぷち 第7回」を見てきた。https://www.youtube.com/watch?v=08wLEqKcPaI&list=PLtvuS8Y1umY_fD-deoh2x0O0870v7WuW0 内容は以下の3本…