ペンは剣よりも強く

日常と世相の記

「丸川は旧姓ですよね?」

 橋本聖子五輪担当大臣の後任となった丸川珠代は「男女共同参画担当大臣」も兼任する。氏はオリンピックの帰趨と同時にこの国のジェンダー問題にも取り組む立場にある。「男女共同参画」なる語はお役所言葉で普通の人はあまり使わない(「ジェンダー」も理解のある人以外は使わない)が、その目指すところは「男性も女性も、意欲に応じて、あらゆる分野で活躍できる社会」なのだという。「男女(ジェンダー)平等社会の実現」でいいところを、敢えて「男女共同参画」なる語にこだわるのは、「参画」ならぬ “画策” ごとでもあるのかと訝しく思う(内閣府では「男女共同参画」の英語表記を "gender equality" =「ジェンダー平等」としている)。

 その「男女共同参画社会基本法」の第4条にはこう書いてある。

<第4条> 男女共同参画社会の形成に当たっては、社会における制度又は慣行が、性別による固定的な役割分担等を反映して、男女の社会における活動の選択に対して中立でない影響を及ぼすことにより、男女共同参画社会の形成を阻害する要因となるおそれがあることにかんがみ、社会における制度又は慣行が男女の社会における活動の選択に対して及ぼす影響をできる限り中立なものとするように配慮されなければならない。

 「中立」という語が二度も出てきて引っかかるが、この条文に照らし合わせると
①「選択的夫婦別姓」は「男女共同参画社会」の形成に「中立」でない影響を及ぼす=阻害する ということになるのだろうか?
 あるいは、
➁「男女共同参画担当大臣」が「選択的夫婦別姓」に反対するよう呼びかけている場合、その影響は「中立」なものと言えるのだろうか?

 ①について、夫婦同姓のしばりが改姓する側に不利益を与えるのは容易に想像がつく。運転免許証、保険の名義変更、クレジットカード、銀行口座、パスポート、印鑑?、会社への届け出の氏名変更、等々、この手続きの煩雑さ(時間、労力の浪費)を、この国では、現状95%以上は、女性が強いられている。また、結婚していることを特に知られたくもない人に、敢えて自己情報を「開示」することにもなるし、離婚・再婚で子どもの姓も変わるとすれば同じ煩雑さが付いて回ることになる。

 ➁について、丸川珠代氏は、自民党国会議員有志と連名で、自民党所属の県議会議長に宛てて、「選択的夫婦別姓」制度の導入に賛同する意見書を採択しないよう求める文書を送っていたというから、氏は「選択的夫婦別姓」には反対なのだと解釈できる。どうして反対なのか、また、反対の立場の人が「男女共同参画」(を推進する)担当大臣の職を引き受けることに問題はないのか、3月3日に国会で何度も質されたが、ほとんど回答を拒否した。

「丸川は旧姓ですよね?」選択的夫婦別姓に反対の丸川大臣、国会追及に語った理由とは

<前略>
 福島社民党党首):かつて菅総理も上川大臣も夫婦別姓に賛成ということで答弁されています。答えているじゃないですか。丸川さんだけ、なぜ反対ですかってことに答えないのはおかしいじゃないですか。表明されているのだから、なぜ反対か、教えてください。
 丸川:私は私なりに職員のみなさまがた、これまでの議論を踏まえて、私の大臣として反対したわけではないということを踏まえて、答弁をさせていただいております。
(中断)
 以前は、一議員としての意見を表明いたしました。大臣として反対したわけではございません。こうやっていうのならば、大臣として私が賛成反対を申し述べることによって、議論を誘導することはしたくありません。その思いをぜひ、ご理解いただければ幸いでございます。
(中断)
  福島:かつて反対した理由を教えてください。
 丸川:かつて私がもった意見というのは、あの、まあ家族の一体感について、議論があって、これは家族の根幹にかかわる議論なのだな、という認識を持ったからです。
 福島:丸川は旧姓ですよね。家族で姓が違いますよね。家族の一体感がないんですか?
 丸川:まさに「丸川」というのは私の通称名でございまして、選挙のときも、通称名を使っておられる方も大勢いられるかと思います。この通称と氏というのが別のことだということが、なかなか国民のみなさまの理解を得られていないところもございまして、私は、氏は「大塚」でございます。
  福島:国会議員は委員会や表示は通称使用が許されています。でも一般の人は、姓を変えたんだから戸籍名をちゃんと使えと圧力がかかったりします。一般の人の苦労をご存知ですか?
 丸川:大臣に就任して驚いたことがありました。法律が仕上がったときに、閣議でサインをします。福島先生もサインもされたのではないかと思いますが、あの閣議でやるサインは、本名でした。「大塚珠代」でした。
 私は自分は旧姓、通称名で選挙をしていますので、非常に違和感がございまして、内閣総務官室に、これはおかしいのではないかというお願いをしました。数年かかりましたけれども、そこは丸川珠代で書かせていただけるようになりまして、やはり通称使用の拡大はこれからも取り組みが必要だろうと思います。

 要するに、丸川氏にとっては
 1)「夫婦同姓」に特に思いこだわりはないけれども、自民党国会議員内の人付き合いから、「選択的夫婦別姓」制度の導入に賛同しないようにという文書に署名した方が得だと当時は判断した。
 2)結婚後も「丸川」=旧姓を使用しているのは、「夫婦別姓」の方が実利的だからである。
 3)担当大臣が立場上「選択的夫婦別姓」に反対するのがよろしくないのは理解しているので、過去のことを持ち出して一貫性がないと批判しないでほしい。
 ……ということかと思う。

 しかし、他の部署ならいざ知らず、この担当大臣に丸川氏は不向きだと思う。できることなら「男女……担当大臣」の方だけでも兼務を解かれることを望む。

 なお、3月8日の「国際女性デー」を前に、3月4日付の江刺昭子氏の文章が勉強になったので、下に付す。

「国際女性デー」に冷水浴びせた担当大臣 国連議決を無視し続けた政府 | 47NEWS


↓ よろしければクリックしていただけると大変励みになります。


社会・経済ランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

豊岡市の「コウノトリ育む農法」

 先週畑の蕗の薹が顔を出していることに気づいた。もうしばらく様子を見ようと思い、雨が上がった翌日、再び見に行くとひょこひょこと伸びているので、ちょっと早めだが開いてしまうよりはいいと思って、今日いくつか取って、知人にもおすそ分けした。蕗みそにするか、天ぷらにするか、……この時期の楽しみのひとつだ。春の到来を感じる。

 2月からあちこちで田起こしの光景を目にしてきた。稲作農家にとっての一年はもうスタートしているようだ。千葉は4月の中旬には田植えが始まる。他はどうだろうか?

 兵庫県(但馬)の豊岡市で「コウノトリ育む農法」に取り組む生産者「坪口農事未来研究所」の平峰さん夫妻を紹介する記事を読んだ。2014年から環境配慮型の農業に取り組んでいるという。

 こういうのは多分にロマンチックに語られがちだが、現実には、農業、特に稲作は、自分がよければそれで済むという話でもないので、ここに出てこないところでもいろいろな困難や苦労があると思う。
 もちろん小生は「農家」ではないから想像するだけだが、小生も農家のせがれの一人なので、昔は田植えや稲刈りの手伝いくらいはした。父親と無農薬のコメ作りについて議論したこともあった。しかし、まあ、ほとんど相手にされなかったと言ってよい。
 農薬を使わないに越したことはないと農家なら誰でも思っている。しかし、自分だけ農薬を使わなければそれで済むかというと、そうもいかない。自分の田にだけ農薬を使わなければ、病害虫が「集まる」かもしれないし、その結果、自分の田で「培養」することになった病害虫が他人の田んぼに「迷惑」をかけることだってありうる。農薬を使わないコメ作りをどうしてもやるんだったら、周囲の理解が欠かせない。できることなら賛同者を拡げ、広域にわたって同じコンセプトのコメ作りをしなければならない。それができるか、そしてまた、それで「成果(収量)」も出せるのか。

 でも、この記事を読むと、理解者はどこかにいるのでは、という気もしてくるし、また、一緒に汗をかきながら、理解者を増やせるのではないかとも思えてくる。上の「坪口農事未来研究所」の平峰さん夫妻の場合はどうだったのか、倉石綾子さんの2021年2月24日付記事より引用する。

コウノトリも、ヒトも。生き物を育む農業 - クリーネストライン

(平峰英子さん)「私の両親が農業を行っていたころは作業工程がまったく合理化されていなくて、収穫時期には私たち姉妹もモミの入った大きな袋を担いでそこら中を駆け回っていました。帰宅した両親は休む間もなく袋から刈ったモミを出して、乾燥させて。その作業が一晩中、続きます。あれを見て、『将来は絶対に農家にならないぞ』、そう心に誓ったものでした」

農業を継いでくれた義兄が若くして亡くなったことで、図らずも農の道へ。一から農業を勉強する中、県の若手稲作研究会で出合ったのが、地域の生産者が取り組む「コウノトリ育む農法」だった。
「その時に初めて、地域のシンボル的存在であるコウノトリの絶滅に農業が関わっていることを知りました。田んぼに撒かれた農薬は、コウノトリの餌となる生き物の命を奪うと同時にコウノトリの体をも蝕んでいたそうで、死んだヒナを解剖すると高濃度の農薬が検出されたと言います。そのイメージが、若くして病いに倒れ、あっという間に亡くなってしまった義兄の姿と重なりました。当時は義兄の病気のこともあってアレルギーや癌についていろいろ調べていたのですが、リサーチするほどに『健康を支えるのは食である』という確信を得るようになって。コウノトリは田畑の食物連鎖の頂点に立つ肉食動物でしたが、このまま食をおざなりにすれば、いずれはヒトもコウノトリと同じ運命をたどるかもしれない。そんな恐怖心から、せめて主食であるお米くらいは、安心して口に入れられる安全なものを作っていきたい、そんな思いを強くしたんです」

慣行農法に比べると「コウノトリ育む農法」は手間もかかるし収穫量も少ない。それでも通年で収穫できる切り花や野菜、果樹にまで手を広げ、無我夢中で突っ走ってきた。あたりを見回す余裕が生まれたのは最近のこと。昨年からは2人の若手スタッフが加わってくれ、新しいアイデアと行動力で農業を盛り上げてくれている。…それぞれ別の企業や生産者の元で農業に従事した経験があり、環境に配慮した農業を志して坪口農事未来研究所に加わったというチャレンジングな作り手である。そんな頼もしい助っ人を得て、平峰さん夫妻は昨夏から新しい取り組みをスタートした。農業と太陽光発電を両立させるソーラーシェアリングがそれだ。

「田畑の上にソーラーパネルを設置しようという発想は、農業従事者からはなかなか生まれないものですが、僕たちの場合はエネルギー事業も展開している地元の米穀屋さんからソーラーシェアリングを紹介されたんです。降雨量も降雪量も多い但馬は太陽光発電に向いていないと言われていますが、2年に渡って全国のソーラーシェアリングの現場を視察する中で、但馬でも成立しそうだという可能性を感じ、思い切ってチャレンジすることにしました」(拓郎さん)
……
今年は田んぼと畑などを活用して計4機を稼働させたが、作業のやりにくさも感じないし、ソーラーパネルの下の作物の出来が悪いということもなかった。ソーラーパネルを設置することでトラクターやコンバインを入れられなくなることを危惧したが、導入後初の収穫作業も思った以上にスムーズだった、と英子さん。加えて、売電により予想以上の収入を得られた。ソーラーシェアリングで安定した収入を得られればその分を農業に投資でき、つまりは農地保全や若者の新規参入を促すなど、未来を見据えた農業を実現できる。

「一年間の取り組みを通して、育てる作物を工夫しようとか、パネルを支える柱をうまく活用しようとか、課題がいろいろ見えてきて来年以降がますます楽しみに。この取り組みは他県の生産者にも徐々に広まっているようで、視察の依頼も増えてきています。若手の2人はこの柱を使った地域の野菜のブランディングを計画しているみたい。どうせならソーラーの下の作物をすべて有機で栽培しようというチャレンジも進めています」(英子さん)
……
そんな話をする間にも、田んぼの上をコウノトリが悠々と舞っていた。「コウノトリ育む農法」は苦労も多いけれど、こうしたコウノトリの姿を目にすることがモチベーションになる、と夫妻は言う。
「トラクターやコンバインは大量の化石燃料を使いますから、耕耘や草刈りの回数をなるべく減らすとか、ハウスで使うビニールゴミの量を抑えるために、耐久性のあるポリカーボネート製に切り替えるとか、そういう工夫は常に行っています。現在は農業と地域の電力を循環させる取り組みを考えています。次世代の農業の盛り上がる仕組みづくりを、環境への意識を高めながら進めていきたい」(拓郎さん)




↓ よろしければクリックしていただけると大変励みになります。


社会・経済ランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

齋藤貴男さんの時評

 今や文春が日本で唯一のジャーナリズムという話もあるが、昨今の政権の腐敗を暴き、日本の民主主義を一面で支えているのは事実だ(スキャンダルにとどめてはいけないが)。その文春の記者をしていたこともあるジャーナリストの齋藤貴男さんは、最近、日本の政府は「秘密結社」に乗っ取られ、イスラム国と同じになっていると、たびたび発言している。2月26日のデモクラシータイムスのウィークエンドニュース(動画は2月27日付)に出演して、次のような話をしていた。辛辣だけど、同感するところばかりである。

https://www.youtube.com/watch?v=RvTX4-aEV0s

総務省官僚の首相忖度>
 ……昔から官僚接待というのはあったかもしれないですけど、今、この時代になって一民間企業の、トップでやり手とも言えない人に、総理大臣の息子だからという理由で(接待されて)ね。これは、もう何度も言ってますけど、政府じゃないですよ。秘密結社ですね。政府としての正統性の問題で、選挙を通してるから何か正統性があるように思われてるけど、統計から何からすべて偽造なんですから、イスラム国がどこどこの地域を支配しているというのと同じで、自民党が日本という地域を支配しているという状態なんでしょう。だから、上から下までやりたい放題ですよね、菅首相だけでなく。だから、これは自民党の国会議員全員を入れ替えて、あとキャリアの官僚も…。(そうでないと)永久にこのまま行っちゃうんじゃないですか。

<日本のマスコミとジャーナリズム>
 オリンピックでスポンサーになってますから、国策イベントには一切逆らえないですよ。さらに消費税の軽減税率をいただいたので、一切逆らわない。もう今、日本のテレビも新聞もジャーナリズムじゃなくて単なる商売人ですね。

<コロナ対策の混迷>
 だんだん暖かくなってきたから、コロナがインフルエンザに近いものだとすれば、感染者数が減っていってもおかしくはないと思いますが、でも、何度も言っているように、検査をしている分母がよくわからないんですよ。何せ統計は全部偽装ですから。そう考えると、オリンピックが近づけば、確実に減るんだと思うんですよ。森友のときに安倍さんが「もし、自分や妻がかかわっていたら政治家を辞める」と言ったらみんな偽造しちゃったわけですから、公文書を。だから今回も「コロナに打ち勝った証としてのオリンピック」だと。まだ勝ってないのに、そういうことを(先に)決めちゃったから。勝ってないのに勝ったことにするには、数字を勝ったことにすればいい、というふうに日本の官僚は考えるんじゃないかと思いますね。これからいろいろな報道があるかもしれないけど、まったく信用できない。でも、これは新聞が悪いというよりも、記者がひとつひとつ勘定していくわけにはいかないから、発表されたものをとりあえず流すしかないわけです。そうやってすべてが情報操作されていて、実はとんでもなく感染が爆発しているのに、誰も検査を受けられず、陽性者にもならずに野垂れ死ぬ。だから医療も崩壊しない。これはコロナに打ち勝ったんだと言ってオリンピックをやる。世界中からいろんな変異種が集まってきて日本型のさらに新しい変異種ができるかもしれない。そのまんま10年も20年も続く……ということも、ありえないことではないんじゃないかと思えてきますね。とにかく事実を事実として伝えないから、何が起こっているかわからないまますべてが進められていく。まず、オリンピックありき。安倍さんが森友にはかかわっていないという筋書きありき。そういうのが安倍政権のあいだに定着してしまったということでしょうね。

<ワクチン確保ができない理由>
 今、一番はっきりさせておかなければいけないことは、日本はダメな国なんだということですね。今でもジャパン・アズ・ナンバーワンだと思っている人がいっぱいいるんだけど、今、いわゆる先進国の中では最低。世界180か国くらいの中で言うと66番目。どういう意味かというと、「国境なき記者団」の言う「報道の自由度ランキング」だと66番目で、これはG7の中で最低。G20の中でも、ロシアと中国とブラジルとインドネシアの次くらいに低いんですよ。要は政治家も官僚も無能なんで、でかいことをまず言うなってことなんですよ。これだけひどい状況で不謹慎だけど、ひとつだけいいことがあるとしたら、彼らの思惑通りに進まなかったことで、たとえば、オリンピック開催までにワクチンを強制接種する(というのがあったが)。ワクチンって打ちたくない人もいます。そういう人は打ちたくないのに、それでも彼ら(政府)は強制的に打つことをしかねなかったんですね。そのためにマイナンバーを使う。そうすれば実際には強制ではなくても、マイナンバーカードに接種の記録を残しておいて、いろんなところへの移動とか仕事で人に会ったりするときに、それをピッとやって、ワクチン接種の事実がなかったら(移動や接見を)断られるとか。そういう社会風潮がつくられれば実質強制になってくる。それはいくらでも応用がきくわけで、ワクチンに限らず。こういう思想とか行動のパターン(分析)は、中国ですでにやってる「信用スコアリング」にも通じるけど、それはいくらでもできるし、彼らはそういうことをやりたかったはずなんですね。だけど、無能だから、そもそもワクチンが確保できない。例の感染のアプリ、COCOAか。あれも全然役に立たなかった。もし役に立ってたら怖いことにもなってたんだけど。だから、無能ゆえに助かってる部分もある。けれども、そういうことも含めて、私たちはこの国の政治家や官僚というのが決定的に無能なんだということをよく理解する必要がある。で、本人たちもそういうことをよく自覚した上でものを言うようにと言いたいですね。あたかもまだジャパン・アズ・ナンバーワンが続いていて、アメリカと組んで、大日本帝国再興だ、みたいなことを平気で考えてますけど、そういうのがいいとか悪いとかという以前に、そういうことを口にできるレヴェルじゃないんだと。そこまで堕ちたんだということですね。
 信用スコアリング:年齢や性別、職業、購買行動など個人に紐づくさまざまなデータを分析し、個人の信用力を数値化すること。




↓ よろしければクリックしていただけると大変励みになります。


社会・経済ランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村