ペンは剣よりも強く

日常と世相の記

「I am not NAKAYAMA」

 2019年12月、アフガニスタンで長年、用水路の建設や医療活動に取り組んできた中村哲さんが銃撃されて亡くなった。中村さんは、「どんな山奥に行っても、日本人であることは一つの安全保障であった」と言っていた。それは、もちろん日本に平和憲法があるからという理由づけもできるし、中村さんのように海外で活動する日本の人に対する評価に根ざしているとも言える。あるいは、“かつて” の日本政府の、欧米寄りのスタンスをとりながらも、どこか優柔不断で曖昧な(旗幟を明らかにしない)外交姿勢に対する、過分な好意的評価であるかもしれない。

 評論家の佐高信さんは中村さんのことを「歩く日本国憲法」と呼んでいた。2019年12月5日付(亡くなった日の翌日の)追悼文にこんなことを書いている。

追悼・中村哲氏「アフガンを歩く“日本国憲法”」 | カドブン

……反米親日だったアフガンの人たちの空気も、これだけ日本がアメリカの属国化してくると、変わってくる。中村によれば、しかし、一時はこんな〝誤解〟があった。
「あれはお人好しの日本人がアメリカにだまされているんだ。かわいそうだ」
 日本人としては苦笑いするしかない〝誤解〟だろう。

 それにしても、いわゆる治安の悪いアフガンで「地域協力」をしている中村が、平和憲法こそが大事と強調するのは説得力がある。
「あれだけの犠牲を払った上でつくられたものだから、一つの成果じゃないかと思います。それを守らずして、国を守るもないですよね。だから、それこそ憲法というのは国の掟、法の親玉みたいなもんじゃないですか。憲法をあやふやにして国家をどうのこうのというのはおかしい。それで靖国の英霊がどうのこうのというのは、結局彼らをテロリストにしちゃうんですよね。……職業軍人と一般国民の犠牲の上に平和憲法ができた。決してアメリカが押しつけたのではなくて、日本国民がそれを受け入れた。それが戦後の原動力だった。それを壊すようなことをしたら、日本の国はどうなるのかというのが私の率直な感想です」

<中略> 
(作家・澤地久枝中村哲の共著『人は愛するに足り、真心は信ずるに足る』(岩波書店)の)終章で、…澤地は書いている。
「厄除けめいて日の丸を車のボディに描いてきた中村医師たちは、日の丸が危険防止の方法たり得ない状況に立ちいたったとき、日の丸とJAPANの文字を消す。自衛隊のアフガン介入の予測によって、日本人ボランティアの安全性はいちじるしくおびやかされるに至ったのだ」
 世界において平和憲法を掲げる日本こそが尊敬され、親しまれているのである。それを改めることは、まさに日本を壊すことになる。中村はそれを日々の暮らし、生き方において教えている。
 2013年6月6日付の「毎日新聞」夕刊でも、中村はこう言っている。
憲法は我々の理想です。理想は守るものじゃない。実行すべきものです。この国は憲法を常にないがしろにしてきた」
 憲法九条が変えられたら、自分はもう日本国籍なんかいらないという中村は、九条の現実性を次のように強調する。
アフガニスタンにいると『軍事力があれば我が身を守れる』というのが迷信だと分かる。敵を作らず、平和な信頼関係を築くことが一番の安全保障だと肌身に感じる。単に日本人だから命拾いしたことが何度もあった。憲法9条は日本に暮らす人々が思っている以上に、リアルで大きな力で、僕たちを守ってくれているんです」

 憲法の話はさておき、「敵を作らず、平和な信頼関係を築くことが一番の安全保障だと肌身に感じる。単に日本人だから命拾いしたことが何度もあった。」という中村さんの言葉は重い。

 しかし、今、日本人であることが本当に「安全保障」になるだろうか、むしろ逆方向に進んでいるのではないかという疑念を持たざるを得ない。

 昨日(5月12日付)の、この国の防衛副大臣をしている中山泰秀Tweetとその後の釈明には驚かされた。
 以下、5月12日付NHKの記事より。

中山防衛副大臣「私達の心はイスラエルと共にあります」と投稿 | NHKニュース

投稿の中で、中山防衛副大臣は「あなたならどうしますか?ある日突然24時間で300発以上のロケット弾が、テロリストによって撃ち込まれ、愛する家族の命や家を奪われたら」としています。
そのうえで「イスラエルにはテロリストから自国を守る権利があります。私達の心はイスラエルと共にあります」などとしています。

中山副大臣は12日夕方、日本政府がイスラエルパレスチナ双方に自制を求めているなかで、投稿はイスラエルを支援していると受け取られかねないのではないかと記者団から指摘を受けました。
これに対し、中山副大臣は「テロリストのイスラム原理主義組織、ハマスがミサイルを撃っている。こうしたテロリズムをなくしてほしいということを訴えたいと思ったまでだ。政治家個人の考えだ」と説明しました。


 この方は役職付きの日本政府の一員である。「政治家個人の意見」を云々したければ、役職を辞めてフリーな立場で述べるべきだ。防衛副大臣が発した言葉は日本政府の代表、ひいては日本国民の考えだとみなされる。「私達の心」というのは「日本国民の総意」と同じだ。「個人の考え」というなら、「私達」ではなく「中山泰秀の意見」と訂正せよ。氏の言う「私達」に含められるのはごめんだと思う人は他にもいる。小生もその一人だ。
 そもそも、ハマスの「テロ」で命や家を失う人のことが心配になるのに、イスラエルの攻撃で命や家を失う人はどうして気にしないのか? こういうのを差別主義というのではないか? テロリズムがなくならない理由のひとつにこうした「差別主義」があることにも思いをめぐらせるべきだ。「テロリズムをなくしてほしい」という自身のメールが、逆にテロを誘発しかねないとしたら…。

 このような公人のあるまじき発言を「個人の考えだ」で許し、これまでも許し続けてきたツケが、今後より目に見えるかたちで現れることを怖れる。

 I am NAKAMURA, not NAKAYAMA.



↓ よろしければクリックしていただけると大変励みになります。


社会・経済ランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

小池のこころ 二階の気持ち

 「旗振れど兵動かず」、「笛吹けど踊らず」というが、今の政府は、その「旗振り」や「笛吹き」さえも、他人にやれと言っている感じがする。

 「お・も・て・な・し」を合言葉に、外国の選手やスタッフ、外来客を温かく迎えようというオリンピック開催ムードも完全に冷え込んで、今やどうでもよくなってしまったかのようだ。その一例が5月の初め、GW中に東京で開かれた水泳飛び込みのW杯ではないか。これは、本番のテスト大会の意味合いもある重要なイベントだったはずだが、日本側はお粗末な対応をさらけだし、関係者の怒りと顰蹙を買っている。選手をホテルに缶詰めにするのもどうかとは思うが、提供する食事が唐揚げ弁当やカップ麺というのには心底驚く。いったい世界の代表選手たちを何だと思っているのだろうか。これでは「ろ・く・で・な・し」ではないか。

ホテルに缶詰めで、食事はカップ麺…欧州選手団が怒った五輪前大会の低レベル 運営のやる気がまるで感じられない | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

 文春によれば、五輪の警備担当のトップからは「五輪、無理だ!」の発言も飛び出ているという。詳細はわからないが、五輪は1日で終わるようなイベントではないのだ。現場の責任者からすれば、人員さえ確保されていないのに、何が安全安心だ、無理難題ばかり押し付けて、という心境ではないだろうか。

 すでに遅きに失しているが、政治は ”撤退” を考えなければならない。これにどう道筋をつけていくべきか。しかし、現状では、三すくみ、四すくみ状態で、このアベスガ長期政権の弊害が影を落としているように見える。

 5月11日付「一月万冊」でジャーナリストの佐藤章さんが今後の政局について話していて興味深かった。以下に概要を記す。 

【速報】小池都知事が二階氏と会談、遂に五輪の開催是非などめぐり協議か。オリンピック中止に揺れる小池都知事。二階幹事長の腹づもりは?元朝日新聞記者ジャーナリスト佐藤章さんと一月万冊清水有高 - YouTube

 11日、小池都知事自民党本部に二階幹事長を訪ねて会談しました。話題はオリンピックのことと考えてまちがいないです。コロナの感染対策とオリンピック開催の板挟みにある小池都知事が最大のバックアップと頼りにするのが二階幹事長で、二階さんは、先月「オリンピックがこれ以上無理だとなったら、スパッとやめなければならない」と発言しましたが、それは、小池さんから実はオリンピックの中止の話も聞いていたので、観測気球を上げたと考えられます。果たして、どれくらいの騒ぎになって、世論が動くか、と。
 二階さん以上に小池さんの方が「中止」を深刻に考えていると思います。これは推測ですが、かなり前から「中止」のことを考えていたと思いますね。
 今年1月に千代田区長選があったんですけど、当選した樋口さんという方は、都民ファーストの会所属で、小池さんの秘蔵子、愛弟子で、小池さんは非常に喜んだんです。というのは、千代田区衆議院選挙区の東京一区に当たっていて、ここで当選している海江田さん、次も盤石とはいえない。巷で囁かれているのは、小池さんはこの東京一区から出馬して衆院議員に返り咲き、自民党に復党したいのではないか。そして二階さんの後ろ盾を得て、総裁をめざすのではないかと言われています。
 それで、オリンピックですが、コロナの感染拡大で、最近ではどの調査でも国民の7,8割は開催反対ではないですか。こういうときに中止だと言える立場にある一人が小池さんです。小池さんが「中止します」と言えば、賛同する声が大きくなって、人気は高まりますよ。で、返す刀で「責任をとって都知事を辞任します」と言って、次の衆院選挙、9月になるかどうかわかりませんけども、これに出て、当選する。そういうシナリオを描いていたと思うんですよ。
 ところが、オリンピックの推進勢力も意外に強い。まずは、菅首相東北新社の長男の件が発覚して以来、オリンピックで乗り切るしかないとがむしゃらに突っ込み始め、もはや特急列車か暴走新幹線のように突き進んでいる。もう一人は、IOCのバッハ会長。「ぼったくり男爵」がいよいよ本当の姿を見せ始めた。
 さすがの小池さんも今怯んでいると思うんですね。「中止」と言ってしまって大丈夫だろうか? 世論は自分についてきてくれるだろうか?と。そこで頼みの綱が二階さんなんだけど、今のところ、二階さんはオリンピックをやるつもりでいる。二階さんも複雑な問題を抱えています。自分の和歌山の選挙区。参院に世耕さんがいますが、彼も総理総裁を目指しているので、参院から衆院への鞍替えを考えている。二階さんも高齢だし。でも、次の選挙もたぶん二階さんは出るんですけど、その後は、息子さん(三男?)に世襲させる意向なんです。そうなると、世耕さんは芽がなくなっちゃうんですね。年齢を考えると、もう鞍替えして、衆院当選何期かやってからでないと、いきなり総裁ってわけにはいかないから。
 二階さんからすると、こういう状況だから、菅さんとケンカするわけにはいかないんですよ。オリンピック中止にする、つまり菅さんを切るっていうのは、自分自身も切って捨てられちゃう恐れがある。だから、菅さんを切るというなら、次の後継者を考えなければならない。二階さんが考えていた本命候補はまさに小池さんなんだけど、これはどうしたもんかねえと。
 もうひとつ、自衛隊のワクチン1日1万人接種計画。これ、自衛隊だけでは足らず、人材派遣会社と日本旅行などに丸投げしたって話がありますよね、37億円で。人材派遣会社はまあわかりますけど、何で日本旅行とか東武トップツアーズなんだ? って話ですよ。全国旅行業協会と考えると、会長の顔が思い浮かびますよね。そう、ここでも二階さんはかかわりを持っているんですよ。37億円のうち人材派遣会社は7億、旅行会社が30億ですよ、何で?って話です。一応自衛隊ってことになってるけど、やってることは、去年大問題になったサービスデザイン推進協議会の中抜きと似てるんですね。ここでも二階さんと菅さんの合意があったにちがいない。とすると、ますます二階さんは菅さんとケンカするわけにはいかないんですよ。
 二階さんは今や菅さんにがんじがらめで運命共同体みたいになってるんです。だから、小池さんが、オリンピック、やばいと思って、これやったら、私歴史に(汚点を)残しちゃうかもしれない、今だったら引きかえせるかもしれないと思っても、肝心の二階さんがあっちにがんじがらめになっているというのが今の状況なんです。
 だから、五輪を中止にするためには、野党と小池さんがタッグを組む、この選択肢しか残されていないんです。

<以下略>

 野党第一党である立憲民主党の枝野代表にも、いまひとつ殻を破っていけないその姿勢に、佐藤さんは注文をつけていた。壁の前に佇んで考えているのではなく、壁を突破せよ、と。確かに、政権をとる気があるなら相応の気概を見せないといけないし、それを望んでいる人々も少なくないはずだ。立憲民主党への支持率がいまいち伸びないのも、そういうのの現れではないかと思う。これではユリコ氏にまた利用されて解党なんてことになりかねない。





↓ よろしければクリックしていただけると大変励みになります。


社会・経済ランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

高橋洋一氏の「さざ波」Tweet

 5月9日付の内閣官房参与高橋洋一の「さざ波Tweetが波紋を呼んでいる。他の人たちと同様、小生も不快なものを感じた。

高橋洋一(嘉悦大) on Twitter: "日本はこの程度の「さざ波」。これで五輪中止とかいうと笑笑… "

 首相動静を眺めると、 5月4日(火曜)の14:00から30分余、高橋氏は官邸でスガ総理に会っている。高橋氏本人は自身の動画で「経済とコロナについていろいろ聞かれた。」「内容は言えない。」と言っている。

https://www.youtube.com/watch?v=X5kzcRJJRuo

 しかし、もし、スガから「この感染状況で五輪をやるのは難しいと思うか?」と聞かれれば、tweetと同様、「総理、これは『さざ波』ですから。」と答えるのではなかろうか(このときの話が9日のTweetに影響していないとも言えない)。「耳ざわりのよい」話を聞いて、ますます五輪開催に猛進せんとする首相の図が目に浮かぶようだ。政策判断に重大な影響を及ぼすかもしれない、こうした内閣官房参与に、はたして高橋氏は適任なのだろうか。

 HUFFPOSTが昨日(5月10日付)、「更迭を求める声が大きくなっている」と伝えている。部分引用する。

日本の感染状況は「さざ波」。高橋洋一内閣官房参与に批判殺到。更迭を求める声も | ハフポスト

高橋洋一氏……の投稿に対しTwitterでは「さざ波って何言ってるの?大勢の人が亡くなっているのに」「今の大阪の状況を見てよくさざ波と表現できるな」「耳を疑う」など批判が寄せられ、9日夜には「#高橋洋一内閣官房参与の更迭を求めます 」が日本のトレンド入りした。

高橋氏がTwitterで引用したジョン・ホプキンス大学によるデータは「100万人あたりの新規感染者を国別に示したもの」で、2021年5月7日時点で示されていたのは、新規感染者の多い順に、インド、フランス、カナダ、ドイツ、イタリア、アメリカ、日本、イギリスだった。
このデータでは日本は下から2番目だったが、高橋氏はこれを引き合いに「日本はこの程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」と投稿した。…………
一方で、見る指標が違えば状況も異なる。
同じくジョン・ホプキンス大学が示す「新型コロナウイルス検査での陽性率」の5月6日のデータでは、陽性率が高い順に、ネパール、インド、ドイツ、日本、フランス、カナダ、アメリカ、イタリア、イギリスとなっており、他国と並んで日本が深刻な状況であることを物語っている。
高橋氏のTwitterの返信には「さざ波って...医療従事者の前で言えますか?」「人命を軽視した発言だと思う」など怒りの声もあがっていて、高橋氏の更迭を求める声も大きくなっている。

 政治学者の山口二郎さん
「人間の死に鈍感な者は権力、政策決定にかかわってはならない。死を防ぐことができなかったとしても、そのことに対する悔いと恥を持つ者が政治を行うべき」
Tweetしている。
https://twitter.com/260yamaguchi/status/1391268530675351560
山口二郎教授 「人間の死に鈍感な者」、高橋洋一教授の投稿に/芸能/デイリースポーツ online

 高橋氏のTwitterにあった「髙橋洋一チャンネル 第158回 菅総理に会ってきました」(5月6日付)という動画を眺めてみた。
 冒頭、質問者から「一昨日、スガ総理に会われたそうですが……?」と聞かれた高橋氏、
「首相動静っていうので、『5月4日、午後2時から同33分まで。高橋洋一内閣官房参与<画面表示、赤下線って書いてありますね(笑)。まあ、そうでしょう……そうなんですけどね。」
と妙にもったいぶる。
 さらに、「けっこう踏み込んだ話をしたんですか?」という問いに対して、
「踏み込んだっていうかね、経済とかコロナについて、何か質問があるっていうから、それに答えるだけですよ。……」
と答えている。「質問があるっていうから……」という言葉尻に、またしても「んっ?」と思う。
 その他、
「私なんかはブレーン何個もやってるんだけど、自分から意見なんか喋ったことないからね。聞かれることに対して、答えらんない時はあるんだけど、だいたいは答えられるから、それなりに信頼があるんだろうなと思うけどね。……昨日もね、いろんな質問されるの。それにパッパッパッパ答えるってことですよ。」
…………
「外に出るとさ、何かさマスゴミがさあ、グワーッて寄ってくるんだけどさ、うるさいんだよなあ、『何喋った?』って、ばっか、言うわけねえだろって……。」 

 こういう物言いをおもしろがる人はともかく、経歴(というか来歴)を含めて、小生にはこのような方が「首相の質問に的確に答えるべき」役職として適格だとは思えない。

 だからかどうか、昨日(10日)、国会の予算委員会で「オリンピックファーストでコロナ対策やワクチン接種が二の次になっているのではないか」と批判されたスガ首相、「『オリンピックファーストではないか』とは失礼だ。国民の命と暮らしを最優先に考えている」と色をなしたという。スガが最優先に考える(あるいは考えてきた)というその「国民」に、すでに亡くなった1万人以上の方々とその家族や縁者は含まれていないということか! これを高橋氏と同じ発想というのは言い過ぎか。



↓ よろしければクリックしていただけると大変励みになります。


社会・経済ランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村