ペンは剣よりも強く

日常と世相の記

稲村ヶ崎と九十九里

 無知にも程があると叱られそうですが、神奈川県鎌倉の稲村ヶ崎海岸が、海水浴場としては今は閉鎖されていることを知りました。夏ではなかったと思いますが、大昔に一度訪れた記憶があるので、びっくりしました。確かに最近、海開きのニュースで、片瀬海岸や材木座の名前は見かけましたが、稲村ヶ崎海岸というのは出てこなかったなあ、と改めて思います。閉鎖されたのは2002年ということなので、もう20年も前!ですが、サザンの桑田佳祐さんが監督をした映画「稲村ジェーン」は1990年の制作なので、実は映画を撮っている頃から、稲村ヶ崎の海岸線はすでに危うかった(だから撮影した?)のでは、という気がしました。
 8月16日付朝日新聞の記事より(年齢は省きます)。

サザン名曲の稲村ガ崎、無残な光景に 名前どころか砂も消した温暖化:朝日新聞デジタル

 開発に加え、地球温暖化により、各地で砂浜が消えていく――。ツバルやモルディブなど南の島だけのできごとではない。国内でも心配されていることだ。あの映画の舞台となった砂浜では今、見るも無残な光景が広がっている。
 ♪砂に書いた名前消して 波はどこへ帰るのか
 桑田佳祐さんがメガホンをとった映画「稲村ジェーン」(1990年公開)の主題歌、「真夏の果実」の一節だ。

 7月上旬、映画の舞台となった神奈川県鎌倉市の稲村ガ崎を訪れると、岬西側の七里ガ浜の所々で「砂」が消え、むき出しになった岩々を「波」が洗っていた。
 「以前は、砂鉄を多く含む黒っぽい砂浜が広がっていた」と「鎌倉の海を守る会」の奥田みゆきさんは話す。人気だった稲村ガ崎海水浴場は2002年を最後に閉鎖された。
 近くを歩くと、稲村ガ崎の西側に流れ込む小川に架かる橋の周りでは、砂が流出し、橋は地表から高さ1・4メートルほど浮き上がっていた。歩いて渡ることはできない。

 海岸浸食は住民の生活も脅かし始めた。19年の8月、10月と台風が続けて襲った。高波は浸食された砂浜を越え、浜沿いの国道134号を直撃。擁壁が一部崩落し、歩道が陥没した。歩道約250メートル分の通行止めは今も続く。神奈川県藤沢土木事務所は「砂浜は波から陸地を守る『緩衝材』。崩落は砂浜が消えた影響もある」とする。

09~19年で最大20メートル後退 浸食ペース早く
 県によると、七里ガ浜は46~09年に最大で30メートル後退、09~19年には最大20メートル後退と、浸食のペースを早めている。海岸部での駐車場建設などで漂着する砂が減っていたところに、17年から19年に3度来た台風に伴う高波が浸食を早めたと県はみる。……

国内の砂浜面積、今世紀末には9割消失も
 東北大の有働恵子教授(海岸工学)らの研究では、1900年ごろに全国平均で70メートルだった砂浜の奥行きは、50年ごろに66メートル、90年ごろに43メートルまで後退した。
 海岸浸食の主な要因は、河川から海岸に運ばれる土砂がダム建設や砂利採取によって減ったことや、港湾建設などにより、沿岸部の砂の動きが変化したこととみられている。
 そこに地球温暖化が拍車をかける。
 氷河や氷床が解けたり、水温が上がって海水の体積が膨らんだりして海面上昇が起きる。水位が上がれば、台風による高波や高潮による浸食の影響を受けやすくなる。

 国によると、日本沿岸の海面水位は04~19年の間、年平均4・19ミリ上昇した。国連気候変動に関する政府間パネルIPCC)の前回14年の報告書では、今世紀末に海面上昇は、86~05年の平均に比べて0・26~0・82メートルの範囲に入る可能性が大きいと予測する。地図情報などに基づいて有働さんらが14年に試算したところ、国内の砂浜の面積は今世紀末、90年ごろと比べて4~9割分失われるという。
 欧州委員会共同研究センターなどのチームは、最悪のシナリオでは今世紀末までに世界の砂浜の約半分が失われるとの推計を公表している。

<以下略>

 これは千葉県の、特に外房(太平洋岸)の砂浜も同じようです。小生は子どもの頃、千葉県の九十九里浜は毎年海岸線が沖に延び、逆に日本海側は毎年海岸線が陸側へ後退していると聞きました(日本海側の話は本当かどうか知りません)。実際、納屋(なや)集落* という、九十九里平野に特有の集落があるのは、海岸線が沖へと伸びていった結果だと教わった記憶があります。
*納屋集落:漁民が住家から浜まで舟や漁具などをいちいち運び出すのが煩雑なため、その保管のために海岸近くにつくった納屋(倉庫)列が、次第に住家としても利用されるようになり、のちに集落となったものを「納屋集落」という。九十九里浜一帯の北部には「〇〇浜」、南部には「〇〇納屋」の地名をもつ「納屋集落」が列状(海岸線に並行するように)に並ぶ。これは過去に、九十九里浜の海岸線が毎年2メートル程度、沖へと前進していたことによって、納屋の集落化が促されたと考えられる。

 しかし、それは今や昔話で、現状は稲村ヶ崎海岸と同様、ここも大きな海岸浸食に見舞われているようです。
 千葉県河川整備課によれば、九十九里浜では、1960~2010年に砂浜の幅が平均約90メートル近く後退したというのです。毎年2メートルずつ沖合に伸びていたはずの海岸線が、実際は、逆に2メートルずつ後退していたことになります。そう言われると、波打ち際は、昔の方が今よりもけっこう遠くの方だったような気がしないでもありません(子どものときの記憶ですからあてにはなりませんが)。
https://www.pref.chiba.lg.jp/kasei/shingikai/sinnsyoku/documents/siryou2_1-1.pdf
九十九里浜も鳥取砂丘も、車で走れる砂浜も…狭まる海岸:朝日新聞デジタル

 国土交通省は、保全を話し合う有識者懇談会を設け、定期的な「砂浜の健康診断」をして優先順位をつけ、対策する必要性を指摘しています。
 東北大学の有働恵子准教授(海岸工学)は「砂浜保全は、豪雨や土砂災害の対策に比べれば緊急性が低いようにみえ、予算はつきにくいかもしれない。放置すれば、将来的に沿岸災害リスクが高まる恐れがある。今よりさらに効率的な対策の検討を急がなければならない」と言っています(いずれも、2020年10月16日付朝日新聞記事より)。

 こういう場合、当然ながら、行政は上にあるように普通に叡智を結集させて対策に動くでしょう。しかし、こうした行政のいたって正常な対応が阻害されることがたびたび生じます。今や、すっかり中抜き利権や妄想的世界観に染まり、普通に予算(税金)を使わず、あらぬことに浪費するなど、行政本来のあり方を歪めているのが現自民党政権です。統一教会との癒着によって過去に行政が歪められることはなかったのか、さすがに本件は無関係だと思いますが、自民党には、改めて統一教会との関係の徹底調査と絶縁を求めます。





↓ よろしければクリックしていただけると大変励みになります。


社会・経済ランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

「壺」に嵌まった自民党

 今日は短く、筆任せに。
 昨日8月15日には第二次世界大戦で亡くなった方々を追悼する行事が各地でいとなまれ、岸田首相も全国戦没者追悼式で式辞を述べました。新聞によれば、今日から21日まで岸田首相も「夏休み」に入り、どこかの保養地に宿泊し、ゴルフや読書などをして過ごすとのこと。
首相、夏休み入り | 毎日新聞
岸田首相、就任後初のゴルフで英気養う 17日から家族と静養 | 毎日新聞

 今日、菩提寺で父親の施餓鬼供養というのがあって、合間に甥っ子と話をしていたら、曰く、「岸田さんが内閣改造を9月から8月(10日)にしたせいで、お盆休みを取れなくなった人がたくさんいる」とのこと。甥っ子は霞ヶ関の勤め人ではありませんが、自分の周囲や知人に、この「余波」で急に予定していた休みを取り消した人がいたのでしょう。休みを楽しみにしていた子どもたちに、親として何と弁解するか。「もう、慣れたもんですよ」という苦笑は外向けにはあるでしょうが、子どもに向けて「もう、慣れただろう(慣れてくれ)」とは言えません。小生も、あまり想像力が働きませんでしたが、岸田首相もおそらく、気にしていないから、内閣改造を前倒しできたのでしょう。家族でゴルフを楽しむ合間に、他所の家族のことも少しは想像してくれるといいのですが……。

 その岸田内閣は、昨日(8月15日)、旧統一教会と閣僚や政務三役との関係は「個人の政治活動に関するもので、調査を行う必要はない」と閣議決定しました。しかし、自民党各議員の長年にわたる「一壺運動!」によって、統一教会との昵懇ぶりは度が深過ぎて、議員当人たちの否定にもかかわらず、日々新事実が明らかにされるありさまです。これを調査しないとなると、国民の不信の目はますます厳しくなるでしょう。そもそも「身体検査」をして、とりあえず統一教会の関係者は入閣させないだろうという、多くの国民の事前予想を嘲笑うかのように、岸田改造新内閣は7減7増の「壺七」でした。これが、昨日は、「壺」が一つ増えて「つぼ八!」になったというのですから、何ともはや、笑えない状況です。
新内閣の閣僚に新たな接点 葉梨法相、旧統一教会関連の月刊誌に記事:朝日新聞デジタル

 さて、内閣改造前、経産大臣の留任を強く希望していた萩生田光一氏、「(大臣だと国会に出なければならないため)国会審議で集中砲火を浴びないように」という岸田首相の深慮(自己保身?)を袖にして、「(大臣から外すなんて)俺は(政権の)骨格じゃないのか!」などと息巻き、何とか党政調会長に滑り込みました。統一教会とのかかわりについては、松尾貴史さんがTwitterで「ど壺」といってますが、「関連団体のイベントに参加した(だけ)」と言明したとたん、実は「関連団体」ではなく「統一教会本体」だったことがすぐにバレてしまい、統一教会との「壺仲良し」の過去は否定できません。それを無理矢理に否定しようとするので、統一教会側の関係者から、何と、(萩生田さんは)「“家族”同然だ」という話が漏れてきました。8月16日付デイリー新潮より。

萩生田光一政調会長、生稲晃子氏の選挙支援を統一教会に要請か 教会関係者は「萩生田さんは家族同然」 | デイリー新潮

信者にとって萩生田氏は「家族同然」
……「今さら、統一教会との関係を一切なきものにしようだなんて、人間として薄情すぎやしませんか。以前は、礼拝を兼ねた日曜日のバーベキュー大会にジャージ姿で駆け付けてくれたりもしてたんです。萩生田さんが来ると、やっぱりその場がパッと盛り上がるし、みんなそうやって楽しく過ごした時間を覚えています。信者たちからすれば“家族”同然だと思っていたんですから」
 地元八王子の政界関係者によると、毎年クリスマス・イブの前後に八王子市内の宴会場で、統一教会の関連団体である「世界平和女性連合」が主催するクリスマス会に、萩生田氏の秘書は必ず出席し、本人も夫人同伴で何度か顔を出していたという。

生稲氏の支援を統一教会に要請
 萩生田氏と統一教会の関わりは、先の参院選にも影響を及ぼしていた。
 東京選挙区で初当選を果たした元おニャン子クラブのメンバー・生稲晃子氏。彼女の擁立工作を主導した萩生田氏は選挙中、生稲氏を伴って八王子市内の統一教会関連施設を訪ね、支援を要請していたというのである。この件について、生稲氏の事務所に質すと、
「八王子での演説終了後、演説を聞いていた方から、“ここに来られなかった仲間が近くにいるので生稲さんのお話を直接聞かせてもらいたい”とのお話しがあり、スタッフが相談をして次の日程への移動の合間に(教会の施設に)立ち寄らせていただきました。その際に(演説の)現場にいらっしゃったご地元の萩生田先生に同行していただきました」
 萩生田氏は生稲氏とともに施設に立ち寄ったことを認めた上で、自身と教会の関係については、
「選挙の際、当方から支援依頼をしたことはなく、選挙戦のお手伝いをしていただいた事実はありません。旧統一教会が主催する礼拝やバーベキューに参加した事実はございません」
 と回答した。……

 自民党議員が関係を否定すれば否定するほど、こうやって統一教会側から揺さぶりをかけられるわけです。噂によれば、統一教会側から派遣された選挙スタッフや秘書と議員の間には、醜聞ネタが転がっているようなので、これを小出しにされるとなると、今後は統一教会とは一切関係を断つなどとは、怖くて、ますます言えないということでしょう。

 岸田首相も休んでいる間にいろいろと手を考えるとは思いますが、「壺」に振り回されるのでなく「壺ふり師」になれるかどうか。本人以下にそういう気はないのですから、国民次第ではあります。 




↓ よろしければクリックしていただけると大変励みになります。


社会・経済ランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

NHTK 日本放送統一教会

 NHKが政権忖度(=グル)放送を始めるようになって久しいのですが、安倍氏が銃撃された翌日の7月9日土曜、参院選投票日直前であるにもかかわらず、NHKは急遽特別番組を仕立てて放送し、暴力によって、「言論が萎縮するというようなことだけは、あってはならない」と結んでいます。今から考えれば的外れ、というか、TBSも日テレ(ミヤネ屋)も連日のように統一教会問題を放送する中、その「あってはならない」「萎縮」をしている放送局はいったいどこなのか、という話です。
安倍元首相 銃撃事件の衝撃 - NHKスペシャル - NHK

昨夜、何気なくNHKを見ていたら、「『旧統一教会創始者死去10年」で北朝鮮から弔電が送られたというニュースが放送されていて、驚きました。日本の公共放送として、統一教会関係の他の重要問題をさておき、今、報道すべきことはこれなのでしょうか。
ray2020(C)#国葬も改憲も統一教会の思う壺 on Twitter: "画像を貼って下さったので 紹介させて頂きます https://t.co/CxxDjc4VrK" / Twitter

昨日午前の「日曜討論」も、ラサール石井さんがTweetしているとおり、「討論」と番組名を冠して放送する内容とはとても思えません。
ラサール石井 on Twitter: "こういう時は番組タイトルを「政府からのお知らせ」に変えて、別時間に放送して下さい。" / Twitter


 映画監督の大島新さんが8月13日付朝日新聞の「テレビ時評」でこう書いています。
(テレビ時評)NHKの旧統一教会報道 大島新:朝日新聞デジタル

先週、ある識者の「まさか『ミヤネ屋』を録画して視聴する日が来るとは」というツイートを読んで笑ってしまうのと同時に、考え込んだ。旧統一教会関連報道では、読売テレビ(日テレ系)の「情報ライブ ミヤネ屋」をはじめ、TBSや日テレなど民放の報道や情報番組が気を吐いている。そんな中、まったくいただけないのがNHKだ。いったい、どんな力学が働いているのだろうか、この稿を書いている時点(9日)までは、旧統一教会と政治家との関係についての報道が、極端に少ない。
 最近強く感じるのは、同じNHKで放送されている、歴史や海外事情についての番組と、報道系の番組の落差だ。例えば先週のETV特集侍従長が見た 昭和天皇と戦争」(6日)は、戦中の為政者の失政について新資料をひもときながら丹念に描いた。翌7日のNHKスペシャル「戦火の放送局~ウクライナ 記者たちの闘い~」では、戦時下の政治とメディアの関係に切り込んだ。「過去の日本」や「今の外国」については、権力の問題についてとことん追及し、見応えのある番組を放送しているのに、なぜ「今の日本」については、それができないのか。
……ジャーナリズムの最も重要な役割は権力の監視である、などということは、釈迦に説法だと信じたいのだが。

 NHKの内部にも「葛藤」はあると思います。それは他のテレビ局も新聞も同じでしょう。しかし、外からは見えません。中で孤高の奮闘を続けている人には申し訳ありませんが、それでも、このままでは、NHKはもはや「NHTK 日本放送統一教会」だと、あえて申し上げます。


<追記>
同じビルに入ってるし……。
ワールド宇田川町>入居テナント企業 : オフィスビルの入居テナント企業について調べるお

露呈したNHKの構造的な問題 旧統一教会の実態は「当局取材」からは見えてこない(立岩陽一郎)(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース




↓ よろしければクリックしていただけると大変励みになります。


社会・経済ランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村