ペンは剣よりも強く

日常と世相の記

はぐらかし答弁

 7月30日に緊急事態宣言が4府県に拡大された。記者会見に臨んだスガ首相、最近「スガ節」なる語を目にしたが、これで独演会をするにはあまりに内容が貧相で惨い。「ご飯論法」ならぬ「ヤギさん答弁」というのもあるようだが…。

「やぎさん答弁」に見る菅首相の戦略は? 上西充子・法政大教授 | 毎日新聞

 まわりくどくて恐縮だが、30日の記者会見での菅首相と記者とのやりとりから「問題」をつくってみた。
 引用元は、【菅首相会見詳報】緊急事態宣言は「最後の覚悟」…感染対策、私はできる:東京新聞 TOKYO Web

【問】次の1)~ 3)のスガ首相の答弁に対応する実際の質問はA・Bのいずれか?

1)スガ:感染対策にしっかり対応することが私の責任で、私はできると思っている。

 A:総理大臣としてこのコロナ感染拡大にどのように責任を果たそうと考えるか?
 B:医療崩壊して救うべき命が救えなくなった時に首相を辞職する覚悟はあるか?

2)スガ:車の乗り入れ減やテレワークで、東京都と連携して対応している。(東京五輪も)無観客で首都圏の人流を少なくすることができている。

 A:人流を減らすための具体的な方法と成果は?
 B:人流を減らす具体的な目標と、実現するための方法は?

3)スガ:飲食店への協力金の早い支給や見回りも徹底する。ワクチン接種こそが決め手で、総力を挙げて進めていく。

 A:感染をどのように抑え込んでいくつもりか?
 B:感染の波をいつまでに収束させるのか。?


 実際に記者からなされた質問はすべてBである。
 1)首相の職を賭ける覚悟はあるのかと訊いているのに、感染にしっかり対応する…とはぐらかす。
 2)人流を減らす目標とは、いついつまでに何%という話だが、半年以上繰り返してきたことをまた述べる。
 3)ワクチン接種が行き渡った頃に感染は収束すると考えているらしい。ワクチン接種の「先進国」で感染が再拡大している事実は都合が悪いので無視!

意味不明のガースーはぐらかし首相会見を徹底検証 記者席からは大きなため息も〈dot.〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース

 WhenとかHowで相手が訊いているのに、YesやNoで答えたらダメよ、と確か中学生の頃に英語の先生が言っていたような記憶があるが、スガ答弁の場合は、Whenと訊かれているのにHowの答えをしたり、ちがうWhatの答えを繰り返すというトンチンカンなものが多い。これは日本語を解する力がない(と思うこともあるが…)というより、(記者とは)会話をしない、したくないという意思の産物なのだと思う。記者の後ろに国民がいるとすれば、これは国民とも対話をしない、したくないという意味になる。「丁寧な説明」とは、こっちが時間内で「説明」してやってんだから、すべて黙って聞いてろ(質問するな?)ということか。

 記者会見で「更問い」を認めないなどという、そんな恥ずかしいことを「ルール」とする首相や大統領が他国にいるだろうか。記者たちは、質問と答えのギャップを放置されたまま、どうにもならない無力感にさいなまれている。毎回こんなことを繰り返されて相当なストレスだと思う。された質問すべてにまともに答えられないのなら、能力の問題だが、そうでもなく、意図的に答えの核心を外してそれで流そうとしているわけで、これは記者に対する人格否定にも等しい。それは記者の背後にいる国民の人格をも認めていないことになる。

 イチロー選手が引退会見したときのように「お腹すいた。…いやあ、長い時間ありがとうございました。眠いでしょう、みなさんも。じゃあ、そろそろ帰りますか。」と、国政のトップだったら、1回でいいから、それくらいまで記者の質問を受けなさい。

イチロー引退【会見全文・後編】「大谷翔平は世界一の選手に」「外国人になって人の痛み想像した」 (9/9) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)




↓ よろしければクリックしていただけると大変励みになります。


社会・経済ランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

映画「パンケーキを毒見する」上映開始

 昨日(7月30日)から上映されている映画「パンケーキを毒見する」がネットで話題になっている。アメリカでは、マイケル・ムーアが2004年に「華氏911」で当時の現職大統領のジョージ・ブッシュjr. を笑い飛ばしたことが懐かしく思い出されるが、ついに日本でも現役総理をネタにした風刺映画がつくられる時代になったということか。いや、でももしかしたら、これを最後に「冬の時代」になるかもしれない。「表現の不自由展」の妨害を見るにつけ、この国の社会が自由社会であることをみんなの力で証明していかなくてはならないと思う。

 上映開始を記念した対談動画を見た。出演者は、元経産省官僚の古賀茂明さん、元文科事務次官前川喜平さん、東京新聞記者の望月衣塑子さん、本映画の監督の内山雄人さん、進行は伊藤さとりさん(映画パーソナリティ)。以下はその一部。

映画『パンケーキを毒見する』公開記念 真夏の大激論スペシャル 共感シアター特別番組 - YouTube

 古賀こういう映画って、絶対作れないっていう雰囲気があるわけですよね、安倍政権以降…。映画だけじゃなくて、いろいろな言論が制限されているんで。でも、逆に言うと、そういうマーケットがないわけですよ。だから、この映画だけですよね、菅さんというか、現政権をこれだけちゃんと批判できているのは…。そういう意味では、この映画は興行的には売れるわけですよ、希少価値で。でね、角川がこの映画に出資してるんですけど、よくやったなあと思うんですよ、これ。でも、角川の会社の人に聞いたら、それはボランティアでやってるわけじゃないし、政治信条でやってるわけでもないし、もちろんいいものを出したいというのはあるけれども、売れなきゃダメなんだから、我々は売れるという計算をしてやってますって言ってましたよね。
 望月実際菅さんが毎日(テレビに)出ていると、ある意味、「パンケーキを毒見する」の主役が出て宣伝をしてくれていることになるんで、私には、今日の上映で、想像以上に集まった観客の熱気を見ると、プロデューサー(河村光庸)の戦略はすごいなあと思うんですよね、こうして商業ベースに乗せていくところが…。
 伊藤メディアもなかなか取り上げづらい題材ですよね。ここはどうですか?
 望月テレビはみんないいですねーって言うんですよ。でも、これ選挙が近いんで、ということでテレビCMは断られたらしいですね。Twitter社でも今広告有料で出してるんですけど、出すのは出すけど、通報されたりしてすぐ落ちてしまう、100回以上上げるんだけど落ちてしまうんですね。いろいろと嫌がらせみたいなこともあるみたいで。でも、面白ければね…。それに今重要だということならば、SNSで広がっていきますよね。だから、テレビCMはうてないかもしれないけど、口コミで伝わっていくんじゃないかなと思いますね。
 前川河村さんみたいなプロデューサーは非常に貴重な存在ですよね。風刺たっぷりに、現実の政権を笑い飛ばそうというんだから。しかも、それが興行的に当たるんだったらすごいことですし…。こういう方にこそ文化功労者になってほしいですよね。
 内山:太っ腹な政府だったら、そうすべきですよね。
 前川そうそう。政権に反対する者にも文化的価値を認める。それだったら見上げたもんだということなるんでしょうけどね。 

 映画を見終わると、政治に特に関心がない若い人たちも、アンケートに次は必ず投票に行くと答えるそうである。早くネットで視聴できるようになるとありがたい。その前にスガ政権でなくなっていれば、もっとありがたい。

現役首相の素顔に迫る!映画『パンケーキを毒見する』予告編 - YouTube

菅首相の素顔に迫る映画『パンケーキを毒見する』がゾッとしながら笑える理由|日刊サイゾー

<追記>今日で7月も終わりだが、東京都のコロナ感染者数は4,000人を超えて過去最高を更新。千葉県も来月から緊急事態宣言下に入るらしい。「らしい」などと他人事みたいな言い方で恐縮するが、オリンピックをやりながら緊急事態というのは、常人のまともな神経とは思えない。昨晩の首相の記者会見もほとんど対話になっておらず、記者席からはため息が漏れていたという。「毒見」が終わって「毒」だらけであることがわかった政権をどうしたらよいかは明らかだ。
TOKYO 20×20


↓ よろしければクリックしていただけると大変励みになります。


社会・経済ランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

過去の嘘 現在の嘘

 むかし吉村徳蔵さんという高校の歴史の先生がいた。直接お会いしたことはないが、歴史教育者協議会という団体の副委員長を務めていたので、その筋では有名な人で、著書も何冊かある。最晩年の著作に、自身の半生を振り返った生徒向けの講演の記録があり、8月の「終戦」の頃になると、その一節をよく思い出す。今年はまだ7月だが、昨日、1日の新規コロナ感染者数がとうとう1万人を突破したという報に接して、不意にそれを思い出した。そこにはおおよそこう書かれている。

 ……岩波新書に『粘土板に書かれた歴史』っていうのがあるんですね。これはメソポタミア地方(現在のイラクあたり)の歴史のことです。粘土板というのは古代の王の墓の煉瓦のことで、ここに「楔形文字」があれこれ刻まれている。学者たちが発掘してこれを解読しています。戦争のこととか、いろいろと書いてある。
 話をわかりやすくするために、今、Aという大王の国の首都が大阪で、Bという大王の国の首都が東京だったとしましょう。で、A大王の国とB大王の国の歴史書では、互いに戦争をして、常に自分の国が勝ったことになっている。Aも勝ったと言っているし、Bも勝ったと言っている。本当はどっちが勝ったのか?
 これだけじゃわかりませんよね。仮に1月の戦いは箱根であったとしましょう。A大王は勝利したし、B大王も勝ったと書いてある。2月には静岡で戦があった。やはりA大王もB大王も両方とも勝利したと書いてある。6月には名古屋で戦があった。両方とも勝ったと書いてある。そうすると、本当はどっちが勝っていたのか、わかりますか?
…「日本はフィリピン沖航空戦において勝てり」の次は「台湾沖縄航空戦において勝てり」…というわけです。

 戦前の新聞を今広げてみると面白いことに気がつきます。1945年の8月15日まで、日本の新聞では、日本軍は一回もどこでも負けたことがないんです。でも、日本は一晩で負けちゃうんですね。われわれは8月14日の晩まで、極端に言えば、日本は勝っていると思っていた。翌日、朝、起きてみたら日本は負けていた。1941年12月8日、私は目を覚ましてみたら、戦争が始まっていた。いったいこれは何でしょうか。

(吉村徳蔵『歴史教育のたのしみ』、18ー19頁。一部改。)

f:id:Amurin:20210730051116j:plain
ミッドウェー海戦を伝える新聞記事

 これと同じ話を、むかし小生も生徒にしたことがある。たまたまかも知れないが、本当に勝ったのはどっちだと思うかと尋ねたら、だいたいの生徒はBだと答えていた。
 「8月14日」が永久に続くわけがない。過去の嘘は見抜けるが、現在の嘘は見抜けない――いや、そんなこともないと思うが…。問題は嘘だと見抜いたら、それでどうするか、か?




↓ よろしければクリックしていただけると大変励みになります。


社会・経済ランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村