ペンは剣よりも強く

日常と世相の記

生活スタイル

「気候正義」と「静かな暴力」

気候変動対策(脱炭素社会)に関する江守正多氏(国立環境研究所)の論考を読んだ。2月26日にオンラインで開催された気候変動対策を検討する審議会で「将来世代」として意見を述べた高校生や大学生の若者世代の発言に共感し、触発されたことが綴られている。…

1940年と2020年の「新しい日常」

2020年6月20日付朝日新聞デジタルに「感染拡大せず「日本スゴイ」…80年前と重なる嫌な流れ」という記事がある。この中で、インタヴューに応じた大塚英志さんが、コロナ禍の現在と翼賛体制下の1940年代の類似性を指摘していて、共感しながら読んだ。「歴史は…

コロナとの共生

ここのところ「政治問題(というよりも、政治家問題!)」にばかり焦点を当ててきた。小生は千葉県の田舎で暮らしているので、都会や都市部の緊張感に疎く、ネットでわかる情報くらいしか知らないのだが、最近、東京都市圏に在住する人が地方への「疎開」・…