ペンは剣よりも強く

日常と世相の記

東京五輪パラリンピック

札幌・大通公園の工事のこと

オリンピックのマラソンの発着点とされている札幌の大通公園の芝生が工事で剥がされていることを知った。突然始まったこの工事、何が目的かというと、マラソン選手の控室や放送機材、バックアップ電源の設置のためにプレハブ小屋やテントの建設で下に鉄板を…

「人類」にコロナの犠牲者は含まれているか?

コロナ感染の第3波を抑え込まないうちに4波に入ったようだ。大阪では連日100人増で一日の感染数が拡大している。大阪の感染拡大と選抜高校野球との相関を疑う声も出ている。日刊ゲンダイが尼崎と梅田のホテルの従業員から拾った声を伝えている。【高校野球】…

欺瞞五輪の中止を

福島県双葉町の様子を取材したロイターの映像というのを見た。昨年のものだが、今もそれほど変わりないのではないかと思う。 3月26日付の「君に届け! 滑稽新聞」さんのTwitterより、字幕部分(一部改)を起こしたものを以下に。 動画を是非ご覧いただきたい…

聖火リレーの「辞退ドミノ」について

著名人の聖火リレーの辞退が相次いで報道されているが、これにも情報管制(恣意操作)の影が見え隠れする。 組織委によると、延期後の新たな聖火リレーの日程は昨年9月に確定し、著名人約600人を含む1万人ほどの走者に連絡がなされた。ところが、その後、感…

「他山の石」

〇他山の石 よその山から出た、つまらない石。転じて、自分の修養の助けとなる他人の誤っ た言行。「他社の不祥事を他山の石として会計の透明化をはかる」 ⇒他山の石以て玉を攻むべし(「詩経」小雅・鶴鳴から) ◆質の悪い石でも玉を磨くのに役立つというこ…

東京五輪 撤退できない狂気 

延長されていた首都圏の非常事態宣言は3月21日に解除される見込みだという。専門家も指摘しているように、このまま続けていてもこれ以上感染者が減る見通しがない=やっても意味がないから、ということらしい(やるべきことははっきりしているのに、政府がや…

齋藤貴男さんの時評

今や文春が日本で唯一のジャーナリズムという話もあるが、昨今の政権の腐敗を暴き、日本の民主主義を一面で支えているのは事実だ(スキャンダルにとどめてはいけないが)。その文春の記者をしていたこともあるジャーナリストの齋藤貴男さんは、最近、日本の…

東京五輪の “損失”:中止 < 開催 ?

2月21日付の当ブログの中で、D.アトキンソン氏が「東京五輪が日本経済の起爆剤になるというのは俗説で、……数週間のイベントがGDP550兆円の日本経済に大きな影響を与えるはずがない。……重ねて言うが、東京五輪はやっても、やらなくても、日本経済には中長期…

森発言をめぐって 上野千鶴子さんの話

「Business Insider」にジャーナリストの浜田敬子さんが社会学者の上野千鶴子さんにインタヴューをした記事があり、興味深く読んだ。企業組織のあり方に話が及んだ後半の多くは割愛し、オリンピック組織員会の森喜朗退任の件をはじめ、前半を中心にいくつか…

オリンピックが政治を狂わせている

島根県の丸山達也知事が2月17日、5月に県内で実施する予定の五輪の聖火リレーや五輪開催そのものの中止に言及し、波紋を呼んでいる。 ぼうごなつこさんの漫画は以下。 なすこ on Twitter: "#100日で収束する新型コロナウイルス 58日目 収束まであと42日… " …

嘉納治五郎財団の解散

先日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長を退任した森喜朗が代表理事を務め、東京五輪の招致活動に関わっていた「嘉納治五郎財団(一般財団法人「嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センター」)には、招致をめぐる使途不明金や裏金の噂が絶えな…

「#五輪をどうする」

毎日新聞の連載インタヴュー「#五輪をどうする」を興味深く読んだ。3回の要約を以下に。<2月8日>辻田真佐憲氏(近現代史家) #五輪をどうする:「東京五輪は先進国のお葬式」 近現代史家の辻田真佐憲さん | 毎日新聞 1964年の前回の東京五輪は、日本が先進…

森喜朗の辞任

オリパラ組織委員会の森喜朗会長は昨日12日に正式に辞任を表明した。スポニチが辞任の挨拶の概要を掲載していた。辞任の森会長 最後まで恨み節「意図的な報道もあったと思う。女性蔑視の意図は毛頭ない」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ ……あと半年。い…

ビルマの動画を見て

2月1日のビルマ(ミャンマー)の軍事クーデターから10日が過ぎた。国内外で抗議行動が続いている。日本に住むビルマの人々も連日声を上げている。 東京では、渋谷の国連大学前(1日)、外務省前(3日)、高田馬場駅・平和の女神像前(6日)、品川のビルマ大…

決められない五輪 本間さんの話

昨日の浦添市長選挙は残念な結果だった。昨夜、伊礼候補の事務所のLive映像を見ていたが、入ってくる開票速報の票数がずっと同数で拮抗していたので、今朝、確定結果を見て、こんなに差がついていたのは驚きだった。 でも、これで終わりではない。敗因の分析…

森会長は身を引くべき

学校で働き始めた頃、現代の社会問題についてテーマごとによく生徒にアンケートをとっていた。生徒の意識を探るのが目的とはいえ、当時はまだ若く、生徒と年齢が近かったから 、世代差とか、“感性ギャップ“ のようなものはあまり気にしてはいなかった。むし…

サメ語録

「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」——東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会会長の森喜朗が2月3日に日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会(オンライン会議)で述べたと伝えられる発言だが、この日の森の…

コロナとオリンピック 本間龍さんの話

「Monthly日刊ゲンダイ」の12月号(11月28日付動画)に本間龍さんがゲストで話していたので、のぞいてきた。 コロナ感染がなければ、今頃はオリンピックが終わって3か月後。一年前はラグビーで盛り上がっていたが、それ以上の「祭りの後」だっただろう。しか…

バッハ会長 いきり立つ

IOCのトーマス・バッハ会長とその一行が11月17日、新国立競技場を視察するなど各所をめぐり歩いたようだが、これには五輪反対の抗議行動が付随していたことは、大手メディアではあまり触れられない。しかもその「実態」となると、さらに報道されず、自分…

拝啓 国民の皆様 東京にラッパが鳴ります

病気を理由に9月に総理大臣の職を辞したアベシンゾー氏。10月に全日本アーチェリー連盟会長職に復帰、11月11日には自民党の「ポストコロナの経済政策を考える議員連盟」の会長に就任するなど、相変わらずのご活躍だが、このたび「五輪オーダー」(功労章)を…

IOCの五輪中止決断という話

IOCがオリンピックの中止を決断し、すでに政府、自民党関係者、電通など日本の関係者にも通知しているという噂話をTwitterで見かけて調べてみた。ネタ元は作家の本間龍氏で、10月20日夜?に入手した複数の関係者の話によるらしい。下の清水有高氏と本間氏と…

「神頼み」の東京五輪から撤退を!

選挙前の「実績づくり」に猛進するスガ政権。どんなささいなものでもポイント加算できるものを渉猟し、国民に過去の悪事や敵失に一切目を向けさせない姿勢を続けている。中曽根元総理の葬儀にしても、杉田水脈の問題発言にしても、そんなことより、携帯値下…

東京五輪招致 11億円送金疑惑

ブラックタイディングス(BT)社というペーパー会社(トンネル会社)への約2億5千万円の送金について説明できず、JOCの竹田会長が辞任したものの、東京五輪の招致をめぐる疑惑はくすぶり続けてきたが、五輪招致の決定前後にBT社の2.5億を含む総額11億円もの…

五輪スポンサー企業の悩み

9月7日にIOCのジョン・コーツ副会長が、新型コロナのパンデミック(世界的流行)にかかわらず、東京五輪は来夏に開催されるだろうと語ったという。これは、無観客でも何でも開催を強行して放映権料を確保するということかと思っていたところ、今度は、12…